新素材(炭素繊維強化プラスチック CFRP)

炭素繊維強化プラスチック(CFRP/CFRTP)

炭素繊維と樹脂との複合材料で、最大の特徴は「軽く」「強い」。鉄やアルミなどの金属材料より軽く、比強度が高い素材です。また疲労特性に優れ、錆びない、寸法安定性に優れ、熱化学的に安定し電磁波シールド性、X線透過性にも優れています。また繊維方向に異方性があるので、積層する繊維方向の割合を調整することで、金属のような等方向性の材料と比較して設計の自由度が高い素材です。

複合材料の種類は「熱硬化性樹脂」「熱可塑性樹脂」があります。主流は前者で機械的特性が高いので航空機、自動車外板、タンクなどに使用されています。主にエポキシ樹脂。後者は前者と比較して成形時間がリサイクルが容易のため、今後成型コスト低減の展開が期待されています。

使用用途として、航空宇宙、産業(自動車、機械、医療、土木他)、日常・スポーツ分野へ拡がっています。

商品イメージ
 

 

 

弊社は使用用途、箇所に合わせ材料成型を選択しご提案いたします。炭素繊維でシェア世界4位の海外メーカー製の炭素繊維をベースに複合樹脂、成型品をご提供いたします。